福田孝行の貨車ホームページ

HOME 形式・番号別さくいん   ■貨車写真館 銘板研究室 構造・部品研究室 台車研究室 CADセンター 資料室 

 

貨車写真館−014


同和鉱業片上鉄道 ワフ100形102,105

 

貨車写真館−013

貨車写真館−015

 

 

2002/4/9 作成


写真59 同和鉱業片上鉄道 ワフ100形102

昭和58月3月20日 片上

写真60 同和鉱業片上鉄道  ワフ100形102

昭和58月3月20日 片上

写真61 同和鉱業片上鉄道  ワフ100形105

昭和58月3月20日 片上

 世にも珍しい,両端に出入台(デッキ)が付いたワフである。本形式は,老朽化した木造緩急車ニフ15形の替わりに登場した緩急車で,昭和51年に国鉄ワフ22000形5輌を購入し,ワフ101〜105の5輌が誕生した。この時,種車の引戸を撤去し,出入台付に改造されている。一見すると,窓が少ない車掌車を思わせる。

102の種車は昭和22年日車製のワフ22006,105の種車は昭和23年木南製のワフ22925である。走り装置は2段リンク式で,昭和43年に若松工場で改造されている。

 貨物列車削減と,昭和50年代末の貨物列車への車掌車連結廃止により職を失い,101は昭和59年,104は昭和60年,105は昭和63年に廃車された。102と103は片上鉄道廃止により車籍が無くなったが,102は解体をまぬがれ「柵原ふれあい鉱山公園」で保存されている。

 なお,「柵原ふれあい鉱山公園」では毎月第1日曜日に300mながら展示運転を行っており,トラ814が動態保存されており,客車と共にDD13牽引で運転されることは注目に値する。詳細はこちらhttp://www.win.ne.jp/~nakamoto/

片上鉄道関連


写真館-012

  同和鉱業片上鉄道
  トム500形,トラ800形

写真館-013

  同和鉱業片上鉄道
  ホキ100形101

写真館-014

  同和鉱業片上鉄道
  ワフ100形102,105

写真館-015

  同和鉱業片上鉄道
  ホハフ2000形2002,2004

  ホハフ3000形3001

写真館-019

  同和鉱業片上鉄道
  トム500形

509,534,538,539,562,568

資料室-001

同和鉱業片上鉄道トム500形製造所現車調査一覧

資料室-002

同和鉱業片上鉄道トラ800形製造所現車調査一覧

銘板研究室-032

  昭和29年中国工業

  同和鉱業片上鉄道
  トラ800形805

 


HOME 形式・番号別さくいん  貨車写真館−013 貨車写真館−015