福田孝行の貨車ホームページ

HOME 形式・番号別さくいん   ■貨車写真館 銘板研究室 構造・部品研究室 台車研究室 CADセンター 資料室 

 

貨車写真館−010


タサ1700形1799

(タキ100形123) 

貨車写真館−009

貨車写真館−011

 

 

2002/3/22 作成


写真36 タサ1700形1799

昭和58月6月19日 南港

 現在はコンテナ駅となってしまった名古屋南港であるが,かつて名古屋が冠される前の南港駅は,私有貨車ファンのメッカであった。広大なヤードは,夏期の休車石油系タンク車,用途が無くなり冬眠に入った私有貨車,廃車寸前のタンク車などが溢れかえっていた。時に,新車回送の新車に偶然巡り会うこともあった。今回の私の貨車アルバムは,そんな思い出のある南港での1枚である。

 このタサ1799は数あるタサ1700形の中で3輌しかいない珍品である。タサ1700形は20トン積ガソリン専の標準車として,昭和24〜37年までに485輌が製造された。4本番バンドを持ったものは昭和24年に川崎車輌で新製されたタサ1798〜1800の3輌のみであった。所有者は本形式中この3輌が全てであった昭和石油(株)である。

 さて,なぜ,本ロットのみ4本バンドだったのであろうか。写真37は同時期に汽車が新製したタキ100形128で,所有者は昭和石油(株)である。この写真から推定すると,昭和石油(株)が川崎に20トン積ガソリン専用車を発注する際に,タキ100形128と同構造であることを指定したのではなかろうか。ともかく,タキ100形128の台車をTR41Cに履き替え,車体長さを縮めれば,あっという間にタサ1700形1799となりそうである。

 塩浜を常備駅としていたが,南港へは片道切符だったようで,撮影から2ヶ月後の8月8日付けで廃車された。

写真37 タキ100形128

昭和48月8月21日 新苫小牧 P:堀井純一

【堀井さんから貴重な写真を提供して頂きました】

同一専用種別


銘板-003

  タム500形2538

銘板-004

  タム500形2659


HOME 形式・番号別さくいん  貨車写真館−009 貨車写真館−011