2000形式35噸積平車

記号:35F

 
【HOME】 【台湾の貨車】 ▲前の形式 ▼次の形式

 2013(民國102/平成25)年に35C21000形の35トン積篷車(有蓋車)から100輌が改造された35トン積平車。台枠は中梁が種車と異なる魚腹形状であること、端梁の形状が異なることなどから,改造では車体(台枠)を新製し,種車の台車,自連,ブレーキ装置を用いたと推測される。床面全面に亘って鋼板が張られていること,台枠にはコンテナ緊締金具と綱掛が設けられていることは台湾の平車共通のものである。2015年7月訪台の目的の一つがこの形式の補足で有り,主用途は蘇花公路建設で発生した岩石を東澳車站にて積み込み,新馬車站までの輸送であった。

2016/3/30作成

35F2005

撮影:福田孝行 2016/7/13 東澳(台湾)

35F2010

撮影:福田孝行 2016/7/14 花蓮(台湾)

35F2013

撮影:福田孝行 2016/7/13 東澳(台湾)

35F2015

撮影:福田孝行 2016/7/13 東澳(台湾)

35F2017

撮影:福田孝行 2016/7/14 花蓮(台湾)

35F2039

撮影:福田孝行 2016/7/13 東澳(台湾)

35F2045

撮影:福田孝行 2016/7/14 宜蘭(台湾)

35F2049

撮影:福田孝行 2016/7/14 宜蘭(台湾)

35F2050

撮影:福田孝行 2016/7/13 東澳(台湾)

35F2072

撮影:福田孝行 2016/7/13 東澳(台湾)

35F2082

撮影:福田孝行 2016/7/14 花蓮(台湾)

35F2085

撮影:福田孝行 2016/7/13 東澳(台湾)

35F2088

撮影:福田孝行 2016/7/14 花蓮(台湾)

35F2093

撮影:福田孝行 2016/7/13 東澳(台湾)

35F2095

撮影:福田孝行 2016/7/13 花蓮港(台湾)

35F2096

撮影:福田孝行 2016/7/14 花蓮(台湾)

35F2097

撮影:福田孝行 2016/7/13 東澳(台湾)

【HOME】 【台湾の貨車】 ▲前の形式 ▼次の形式