王滝森林鉄道

運材車(1)

【HOME】 【森林鉄道の車輌】 ▲前の車輌 ▼次の車輌

 「りんてつ倶楽部」と「王滝村」のご尽力で,桧の原木を積載した運材車が再現された。桧原木を積載した運材車は2輌有り,機関車の次位に連結されていた車輌から紹介しよう。便宜的に運材車(1)と呼ぶことにする。この運材車は日本農林機械で製造されたと推測される。運材台車を2台1組とし,その間を連結棒(牽引棒)で連結し,空気ブレーキのエアホースをその連結棒に絡みつけている。台車は2軸構造で鋼製の台車枠にローラーベアリングと板ばねを設け,台車枠上部には側柱付きの回転枕木を設け,台車枠の一方の妻には手ブレーキと朝顔型連件付きを,もう一方の妻には台車間を連結するポール連結器を設けている。

 素晴らしい順光の形式写真。空と山,桧の丸太の美しさが栄える。

撮影:2010/10/10王滝村松原スポーツ公園

 遠くに見える山頂に薄雲が掛かっている山が御嶽山だ。

撮影:2010/10/10王滝村松原スポーツ公園

 車庫前で休む運材車

撮影:2010/10/10王滝村松原スポーツ公園

 台車1のサイドビュー

撮影:2010/10/10王滝村松原スポーツ公園

 台車2のサイドビュー

撮影:2010/10/10王滝村松原スポーツ公園

 台車1の形式写真

撮影:2010/10/10王滝村松原スポーツ公園

 台車2の形式写真

撮影:2010/10/10王滝村松原スポーツ公園

 台車2の構造がよく分かる。

撮影:2010/10/10王滝村松原スポーツ公園

【HOME】 【森林鉄道の車輌】 ▲前の車輌 ▼次の車輌