1000形式30噸積氯烯罐車

記号:P30VT

【HOME】 【台湾の貨車】 ▲前の形式 ▼次の形式

 初めて台湾国内で新製された30噸積氯乙烯罐車。構造および寸法はタキ10150形を利用したP30VT400形に酷似するが,台湾のタンク車の流儀で側梁は高さ150mmのチャンネル材を使用し,補助ブレーキ装置を手ブレーキ,タンク体は締金により固定する構造である。

 本形式にはこれ以外に廃車となったタキ14700形30トン積み液化酸化エチレン専用タンク車を輸入し,本形式として車籍編入した車輌があり,1051,1052が確認されている。

2008/9/1作成

P30VT1001

撮影:渡辺一策 1998/11/28 桃園(台湾)

P30VT1008

撮影:渡辺一策 1998/11/22 竹南(台湾)

P30VT1011

撮影:渡辺一策 1998/11/22 竹南(台湾)

P30VT1018

撮影:渡辺一策 1998/11/28 竹南(台湾)

P30VT1019

撮影:渡辺一策 2000/5/1 高雄港(台湾)

P30VT1022

撮影:福田孝行 2001/2/17 竹南(台湾)

P30VT1023

撮影:渡辺一策 1998/11/28 竹南(台湾)

P30VT1025

撮影:渡辺一策 1998/11/28 桃園(台湾)

P30VT1031

撮影:渡辺一策 1998/11/28 竹南(台湾)

P30VT1032

撮影:福田孝行 2001/2/17 竹南(台湾)

P30VT1033

撮影:福田孝行 2001/2/17 竹南(台湾)

P30VT1036

撮影:渡辺一策 2001/8/26 高雄港(台湾)

P30VT1040

撮影:渡辺一策 1998/11/28 桃園(台湾)

P30VT1051

撮影:渡辺一策 1999/5/23 竹南(台湾)

P30VT1052

撮影:渡辺一策 2000/5/1 高雄港(台湾)

【HOME】 【台湾の貨車】 ▲前の形式 ▼次の形式