820形式30噸積汽油罐車

記号:P30GT

【HOME】 【台湾の貨車】 ▲前の形式 ▼次の形式

 中国石油公司所有の30噸積汽油罐車。実容積は41.0m3とP30GT800形と同一であるが、補助ブレーキ装置が手ブレーキに、荷役装置が大きく変更され、これ以降登場する汽油罐車の標準構造となった。その荷役装置の構造は写真から推測すると、@ドーム側面に液入口が2か所に追加された。これによりドーム側面には安全弁2個のこの液入口2個がある物々し外観となった。Aタンク中央下部の吐出管の隣には大小2本の配管が設けられ、中央部はタンク体に、太い配管の両端と細い配下の片側にはクリックカップリングが取り付けられている。細い配管の片側は太い配管の中央部に接続されている。これらの配管は、ガソリン積載時のタンク内蒸気が混じった空気の排気管と、ガソリン荷下ろし時の空気管ではないかと推測される。なお、@は全車に装備されているわけではなさそうである。

2008/9/1作成

P30GT820

撮影:渡辺一策 2000/4/23 北回帰線(台湾)

【HOME】 【台湾の貨車】 ▲前の形式 ▼次の形式