[HOME]  [明治・大正のタンク車] ▲前の戻る ▼次へ進む

2009/11/4 R1.0

ア1530初代形 7噸積油槽車
[M41新潟] 中野鉱業部ナ8〜22(15輌)→ア1530初代形1530〜1544(15輌)→車籍除外
→[T14新潟改造]ア1530形二代形1530〜1535,1537〜1539,1543(10輌)→タ500形500〜509(10輌)

中野鉱業部が明治41年に新潟鉄工所で15輌新製した灯油輸送用の7噸積油槽車。ナ8〜22と改番前の記号番号であるが,40年8月1日施行の私有貨車取扱手続制定後の誕生であるため,落成と当時に鉄道庁に「甲号」として車籍を編入し私有貨車となった。明治44年にア1530形1530〜1544に改番された。

なお,本グループの記号番号からナ1〜7の存在が伺えるがこれを示す史料・図面は一切発見されず謎に満ちている。明治39年に中野寛一が中1〜7(→ア1601形)を新製していることから,当初中野鉱業部として新製を計画し記号番号も決まったが,実際は中野寛一個人所有としたため欠番となった可能性が高いのではと推察される。

容積は8.5m3(300ft3)で7噸積車として標準的な大きさである。タンク体はリベット組立の4ピース構成の直円筒形でドームは胴板の継目を避けるため偏って設けて

 

いた。台枠は全鋼製であったと考えられ,軸距3048mm(10ft)は当時の油槽車の標準寸法であった。タンク体の固定方法も当時として標準的は横木方式である。

新製2ヶ月後にはア13〜22の10輌が日本石油へ貸し渡され43年に返却。その2ヶ月後には全車15輌が小倉常吉へ翌44年の形式称号改正直前まで貸し渡されていた。大正4年には中野興業に社名変更され,7年の私有貨車取扱手続改正により生まれた常備駅制度(当時は受渡場所といっていた)では新津駅が指定された。同年には契約種別が甲号から乙号に変更されている。10年には,自動連結器取替の準備として中梁の取付と縦締棒(端梁と枕梁とを固定する長ボルト?)の取替が一部の車輌に実施された。しかし,大正13年12月に1531,1534,1536,1540〜1542,1544の7輌が,翌14年3月には残る8輌が車籍除外され,本形式は消滅した。そして3ヶ月後,3軸車の姿で復活するのである。

諸    元
 
形  式 ア1530初代
製  造 M41新潟鉄工所
容  積 8.50m3(300ft3)
荷  重 7噸
自  重 5.60噸
換算比重 0.82
タンク内径 1524mm(5' 00")
タンク長さ 4775mm(15' 8")
台枠長さ 不明
軸  距 3048mm(10' 0")
走り装置 シュー式
ブレーキ 車側制動機
 
明治44年貨車略図